FC2ブログ

2階だてのお家の2階リビング

3階だてのお家だと、多くの場合リビングは間の2階に設けます。
2階だてのお家なら、外とのつながりでやはり1階に設けることが多いですが、敷地、道路、日当たりなどの関係上、2階建てであっても2階にリビングを持ってくることもあります。


こちらは、真南に面した日当たりのいい土地で、1階でも十分あかるいリビングとなるでしょうが、2階にリビングを設けました。

1階は子供部屋や寝室やウォークインクローゼット。
2階にリビングと、浴室、洗面、トイレ、そして3畳ほどの畳コーナーも設けました。



オープンな対面キッチン。
キッチンに立てば、視線は南側のベランダまでぬけて、全てが見渡せます。


階段をあがった所から、キッチンへ。キッチンから洗面所へそして、洗濯物を干すバルコニーにへと
1フロアーで動けるので、家事動線はとても楽です。


2階キッチンの場合、どうしても問題となるのがゴミ。

分別しないといけないゴミの置き場所に困りますが、キッチンのすぐ近くに、専用のサービスバルコニーを設けました。


キッチンのすぐ近くに設けること、洗濯物を干すバルコニーとは別とすることでより使いやすくなります。

ダイニングの天井の上には小屋裏収納を設けました。


必要な時に、ポールをひっかけて



折りたたまれている梯子を下ろして使用します。




この梯子をおろしてくる辺りは、家具など置けません。
小屋裏の入口の場所は、注意してプランしないといけません。

小屋裏収納の内部。



小屋裏収納もロフトも天井高さは1.4m以下という法の制限があります。
大人が立つのはむずかしいですが、6畳の広さがあるのでたっぷり収納できます。
リビング部分は天井を屋根なりにあげて、高さのある空間としました。

天井をあげたことで、構造材の大きな梁が数本見えるので、その部分に濃い木目のクロスを貼り、存在感をもたせてアクセントになるようにました。





リビングの照明は壁面にのみ取り付けて、天井には、シーリングファンをつけています。


あたたかい空気は上にたまるので、暖房を使うこの時期、シーリングファンを使用して、空気をまわしてあげると効果的です。


リビングの横には3畳ほどの畳コーナーと収納を設けています。



あえて扉などで仕切らない、オープンな和のスペース。


壁の一面にはきれいな緋色の和紙クロスを貼っています。


リビングの色合いを抑えているので、この緋色がピリッときいたスパイスのよう。

3畳ほどですが、
ちょっとごろっとしたり、とりこんだ洗濯物をたたんだり、アイロン掛けをしたり、お子様を寝かせたりするのに便利なスペースです。
南側に道路がある敷地だと、どうしても南に玄関などを配置するので、どうしてもその分、南のスペースをとられてしまいます。

こちらは2階にリビングを持ってくることで、南側をフルにリビングとして使用できました。

使い勝手や明るさ、風通しなど、いろいろ考えて、リビングの場所を決めるといいですね。

南北に風が抜けて
のびやかで明るいLDKのあるお家となりました。

コメント

非公開コメント